fc2ブログ

OPhone開発者向けアンケート

中国移動開発者コミュニティで『OPhone上での開発で直面する困難は何か?』と言うアンケートが公開されています。

1114OPhone-1


42人と絶対数は少ないですが、やはり一番にあげているのは「テスト環境の不足」です。

様々にOPhone搭載端末が発表されてますが、正式に発売しているのは現在中国でも上海、広東、天津のみ。
それも現時点ではレノボOPhone O1と多普達(※HTC中国大陸ブランド名)のA6188(MAGIC)の2機種。


DELLやPhillips、LG、モトローラなども11月末から12月にかけてOPhone端末を提供開始するでしょうが、現時点、テスト環境が足りない、と言うのは致し方ないのでしょうね。



2番目の「市場占有率がまだ低いため開発意欲がわかない」と言うのも上記に関連することでしょう。

やはり開発したものは多くの人に使ってもらいたいでしょうし、端末数、ユーザー数が多くないとビジネスにも直結しませんしね。



その他で目立つのは、「技術サポート・手引きの欠如」、「開発成功事例の欠如」です。やはり開発を行っていく上で様々な困難に直面するでしょうから、これらのものは必須ですよね。




ただ、OPhoneは8月末に発表されたとはいえ(リンク)、現在は先にあげた通り地域も端末も限定されていて、始まったばかりとも言えるので、上記の結果はある程度仕方のないものかもしれません。



来年の春先にもう1度同じアンケートを取ってもらい、その結果がどうなるのかに興味はつきません。

きっと違う形になっているでしょう...












情報元 => 中国移动开发者社区

テーマ : Ophone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック