fc2ブログ

OphoneはAndroid互換にあらず?

Ophoneは中国移動の研究所及び播思(BORQS)社が開発したAndroidベースのモバイルOSで中国移動のOphone端末機に採用されています。


1011Ophone



現時点のところ、Androidが1.1くらいの時はAndroid上で作成したアプリをOphone上で実行できるなど問題はなかったようですが(※参照:OMS/Android レノボOphoneとT-mobileG1の比較)、Androidも現在は1.6が出ており、来年には2.0が出てくるでしょう。OphoneはAndroid1.0をベースに開発されているため、どこまでAndroid本体と互換が取っていけるのか、と言うのが関心の的になっているようです。

開発者に取っては1つのアプリケーションでOphone/Android双方動いた方が利用者のパイも広がるし、モチベーションも違ってきますよね。


でもこれは、なにもAndroid<=>Ophoneだけの関係でなくAndroid自身でもそうですよね...下位互換性をどこまで持たせていくか...互いの思惑などもありこの問題はソフトウェアに置いていつも難しい問題になっていると思います。

モバイルビジネスは今後クラウドコンピューティングとセットで発展していくでしょうから、クラウド側でそういった問題を吸収できる仕組みが作れませんかね...



情報元 => 山寨机
<< 追記 >>


OMS自身はバージョン1.5が出るようです。Ophone SDNではまだ1.0のままですが。


1011Ophone対応表


現在1.5が採用されているのはLG社のものだけのようですが、いずれ各社も追随していくのでしょうね。これを見てると中国移動としてAndroidのアップグレードを追いかけていく、という意志が見て取れますね(各バージョンかスキップがあるかは不明ですが ^^;)。



情報元 => Chinabyte.com比特网

テーマ : Ophone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック