スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企鹅智酷: 中国アップルウオッチ購入意欲調査 iPhoneなどとの連携を望まない声も

4月10日に予約を開始したアップルウオッチ。中国でも予約が開始され、日本語記事でもいくつかその状況が伝えられていますが、テンセントが展開する企鹅智酷で中国におけるアップルウオッチの購買意欲などに関する調査が公開されていたので紹介したいと思います。
 
まずはアップルウオッチを購入するか否かというアンケートです。
20150416AW-1

アンケート回答者の総数は22,454人なのですが、うち半数以上の54.6%が購入しない、と回答しています。決めていない、と回答した人が27.4%で、購入すると回答したのは18%に留まりました。


では、なぜ購入しないのか?というのが次の図です。
20150416AW-2

一番多い回答は31.2%を占める「価格が高い」でした。面白いと感じたのは次の「腕時計をつける習慣がない」というもので、こちらは21.1%。以降は「多くの機能が実用的ではない」が20.2%、「腕時計を既に持ってるから」というのが17.9%、「(利用には)iPhoneと組み合わせないといけないから」が12.7%、「デザインが気に入らない」が7.4%と続きます。

同回答をみる限り、iPhoneなどスマートフォンと組み合わせて利用できることが大きな特徴の1つなはずですが、そこを求めらていない人も一定数存在することもうかがえます。


次は「ではどうなったら(改善されたら)購入する気になるか」、というアンケートです。
20150416AW-3

先程も価格が購入しない理由の最大要因でしたが、こちらでもやはり「価格が安くなったら」というのがトップの原因で35.4%を占めており、「バッテリーの持ち時間が改善されたら」が27.1%、「アップルウオッチ単独で利用できるようになったら」が22.8%、「実用的な機能が増えたら」が18.0%、「デザインが改善されたら」が7.3%、「画面が大きくなったら」が5.7%と続くのですが、「何があっても買わない」が20.7%も占めていました。

同調査からはやはり単独利用のニーズがそこそこあるのと、改善されても買わない、という層が一定数存在していることがうかがえます。


いくつかApple Watch Editionなど高額なモデルが数時間で在庫なしになったなど、好調をうかがわせるような記事も見られましたが、個人的にはさほど関心を持たれていないのでは、と思っていましたし、そもそも予約が完売したといっても予約数が公表されていないですし、一部のアーリーアダプタや富裕層、ともするとiPhone 6などの時のように転売屋が買い占めている可能性も高額モデルとはいえ捨てきれないので、同調査の方が実体に近いのではないかと感じています。

もちろん結論を急ぐ必要はないですし、今後状況は変わってくるでしょうから、今後も継続的にアップルウオッチの中国における動向にも注視していきたいと思います。


情報元 => 企鹅智酷

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。