スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第4四半期の中国タブレット販売台数は320万台 通年では1031万台

市場調査会社の易観国際が2012年第4四半期の中国タブレット販売台数を発表しました。
20130502tab-1

2012年第4四半期の中国でのタブレット端末販売台数は319.7万台で前期比22.8%、前年比35.2%の伸び率でした。2012年通年では1,031.2万台発売され、これは2011年比で60.5%の伸び率になっています。

ICT総研のレポートによるとワールドワイドでの2012年通年のタブレット販売台数は1億2,487万台で、日本の同時期販売台数は489万台だったとのことなので、1,031.2万台というのはワールドワイドの販売台数の約8.3%、日本の販売台数の約2.1倍という数字になります。


同レポートでは2013年の中国タブレット市場は爆発的な成長を迎えるであろうと予測していますが、Androidを中心とした普及価格帯のタブレット製品や人気根強いiPadなども新製品が登場してくるでしょうし、先月にはマイクロソフトもSurface Proを中国で販売開始しました。
20130502tab-2

6,588元と最新のiPad 128GB Wifi版より高い価格設定なのが気になりますが、実際に中国最大のコンピュータ・家電販売店”国美”の関係者は『Surface Proも発売当初は日に100台くらい売れていたが、今は日に数十台ってところ。日に数百台売れるiPadの10分の1程度かな』と語っているそうです。


語弊を恐れずざっくり分けると価格、コストパフォーマンスのAndroidタブレット、ステータスのiPadというのが現在の中国タブレット市場ですが、マイクロソフトがどちら、もしくは全く変わった戦略でくるのかなども今後の興味の的です。



情報元 => 易観国際網易財経マイナビニュース

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。