スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年第1四半期中国モバイル検索市場は百度が首位もPC検索ほどの強さは示せず

中国IT系ニュースサイトの速途網(Sootoo)が2013年第1四半期の中国モバイル検索市場のレポートを公開しました。

まず、モバイル検索各サイトの市場シェアですが。。。
20130425msearch-1

中国検索市場の雄、百度(Baidu)がトップに位置し37.5%の市場シェアを有しています。そして2位にはテンセントの搜搜(SOSO)が16.7%で続き、その後は宜搜(easou)が15.7%、易査(YiCHA)が11.2%、搜狗(Sogou)が7.4%、そして第5位にGoogle中国が6.3%のシェアで続く形になっています。

モバイル検索市場でもトップにたった百度(Baidu)ではありますが、同時期に発表された下図PC検索市場ほどの強さは見せられていません。
20130425msearch-2

モバイル検索市場でのシェア拡大は以前からの百度の至上命題で独自OSを提供し、携帯メーカーと協同で同OS搭載端末を提供していますが、今のところ劇的に改善、とまではいっていないようです。

また、余談になりますがPC検索市場でも一時期は75%以上のシェアがあった百度ですが、中国セキュリティソフトの大手360が2012年8月からPC向け検索サービスを開始し、少しずつそのシェアが侵食されているようです。
※もちろん侵食されているのは百度だけでなく、Googleやその他ベンダーも同様ですが

ただ、その360もモバイル検索サービスをPCから遅れること3ヶ月後の2012年11月から提供していますが、こちらはPCほどは順調にシェアを伸ばせていないようで、まだ先の図には出てきていません。


モバイル検索は最新のCNNICからのレポートによると2.9億人ほどのユーザー規模とのことですが、各ユーザーはどれくらいの頻度でモバイル検索を利用しているのでしょう。
20130425msearch-3

1日に3回以上利用するというユーザーが最も多く57.3%で、1日1〜2回というのが14.9%、週に数回というのが9.3%と続きますが、あまり利用しないというユーザーも18.5%います。
これがPCの検索となると1日に複数回とユーザーが9割強を占めているので、そちらと比較するとまだまだな気もしますが、現在モバイルインターネットユーザーは急速に増加しており、先のCNNICのレポートでも既に中国でのインターネット接続手段としては最も利用されている手段になっていますので、今後はモバイル検索の機会も非常に増えていくのかも知れませんね。

さてさて、今後モバイル検索市場は百度がPC並みの強さを見せていけるのか、PC市場で急速にシェアを取っている360がこちらでも快進撃を見せるのか、またはその他ベンダーが台頭してくるのか。。。

中国モバイル検索市場の陣はこれからますますヒートアップしていきそうですね。



情報元 => 速途研究院1速途研究院2

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。