スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリババ、中国国内メーカー5社と6機種のYun OS搭載端末を発売 年内に10億元をアプリ開発者連携に投資

独自カスタマイズOSのYun OS(云OS)を提供しているアリババが中国国内の携帯電話メーカー5社と6機種の同OS搭載新端末を発売することを発表しました。
20130416yunos-1


今回Yun OS搭載端末を提供する中国国内メーカーは、卓普(ZOPO)夏新(AMOI)基伍(GFIVE)康佳(KONKA)小辣椒の5社で既にYun OSの公式ページに一部対象機種が掲載されています。
20130416yunos-2
20130416yunos-3

価格帯は799元〜1399元とローエンド帯の価格付けですが、それぞれがCPUにクアッドコア(1.2〜1.3GHz)、RAM 1GHzを搭載するなど一定のスペックを有しています。

そして同端末の発表と共にYun OS上でのアプリ開発者との連携も強化していくことを発表し、2013年内に10億元(≒ 155.5億円)を同方面に投資していくとのことです。また、事業連携は開発者のみに留まらず、Yun OS搭載携帯メーカーには1台に付き1元の販売奨励金を付与するようで、こちらは来年には1台に付き2元に上げていきたいと語っています。


ところで、同Yun OSですが以前同ブログでもお伝えしたとおりAndroidベースのものだ、と言われていたのですが、アリババ関係者の話では「LinuxをベースとしたAndroid互換のOS」らしいです。
実際にAndroid用に開発されたアプリは同Yun OS上で動作可能だが、Yun OS上で開発したアプリはAndroidで動作しない、などの報告もあります。

昨年9月にAcerがYun OS搭載端末を発売しようとしたところGoogleが横槍をいれた、なんてことがありましたが、その辺も尾をひいているのかもしれませんね(^^

実際のところはどうなのか含め、Yun OS搭載端末を購入してみますかね(^^


情報元 => Sohu ITWEST-ESXdaily

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。