スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第1四半期中国スマートフォン市場出荷台数シェア Androidが76.7%でトップに


易観国際から2012年第1四半期スマートフォン市場出荷台数シェアが発表されました。

20120607eguan-1

2011年第4四半期時点で68.4%でだったAndroidが更にシェアを伸ばし76.68%でトップに立っています。その一方でSymbianは更にシェアを下げ11.8%まで落ち込んでいます。

iOS(=iPhone)の数値は明記されていないのですが、グラフ幅で推測するに6%前後で第4四半期と比較すると微増、その他OSに関しては極わずかといったところでしょうか。


先日、工信部が発表した『モバイルデバイス白書2012』でもAndroidのスマートフォン市場でのシェアは73.99%となっていたので、今回の市場調査に偏りがある、というわけではなさそうです。


Androidが快進撃を続ける理由は何度か当ブログでも紹介している1,000元スマートフォンと呼ばれる低価格端末の人気が高くそのほとんどがAndroid搭載であることと、その他ミッドレンジ、ハイエンドにいたっても国内外の多くのベンダーがAndroid搭載端末を発売していますし、最近では百度新浪などがAndroidベースの独自モデルを展開したり、テンセントがAndroid 4.0ベースのカスタマイズROMを提供したりと非常に幅広い業種の企業がAndroidを軸にモバイルソリューションを展開しているところにあります。


1,000元スマートフォンをはじめとしたローエンド端末が人気を集めているというのはスマートフォン端末の平均販売価格が下がってきていることでも証明されています。

20120607eguan-2


セキュリティ最大手の360や電子ブックリーダー大手のBambookなどもAndroidベースの独自端末を提供していくと表明していますし、今後しばらくはAndroidが更に勢いを増しそうですが、ここにWindows PhoneやTizenBoot2Geckoなどの新勢力がどう絡んでいくのか、また既存勢力の巻き返しなどはあるのか、、、興味は尽きません(^^




情報元 => 易観国際

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。