スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国工信部が「モバイルデバイス白書2012」を発表 2011年中国のモバイルデバイス層出荷数は4.55億台に

前回は中怡康社のスマートフォン出荷台数を中心としたレポートをお届けしましたが、中国の工信部(工業と情報化部)からは『モバイルデバイス白書2012』が公開され、2011年中国のモバイルデバイス(※)総出荷数は4.55億台であったと発表されました。

0414chmobile-1
※ここでいう"モバイルデバイス"とは携帯電話に限らず、通信機能をもつポータブル端末全てを対象としています。

2005年は1.29億台の出荷数だったとのことなので、ここ6年で約3.5倍、数にして3億台ほど年間出荷数が増加したことになります。

あわせてスマートモバイルデバイス(※スマートフォン+タブレット)の出荷台数も報告されており、2011年全体では1億1774万台が出荷されたそうです。


また、2011年全体ではなく第4四半期の統計とのことですが、そのスマートモバイルデバイスをOS別シェアで統計したのが下の図になります。

0414chmobile-2

Androidが73.99%で断トツのトップにたっており、2位はSymbianで12.53%、3位はiOSで10.67%と続き、その後はOMS(Ophone)が1.5%、Meegoが0.75%、Windows Phoneが0.34%と続いていますが、BlackberryのRIMはわずか0.03%に留まっています。



最後はモバイルデバイス総出荷数4.55億台のうち中国メーカーと国外メーカーに分けた出荷台数の内訳です。
0416chmobile-3

2011年は総出荷数の71.68%を中国国内メーカーが占めていたそうですが、2005年は半数以下の40%くらいの出荷台数比率だったことを考えるとその飛躍は凄まじい物がありますね(^^



2012年はよりスマートモバイルデバイスに移行が加速していくでしょうし、且つLTEなどの次世代通信サービスも開始されていくでしょうから、総モバイルデバイス出荷数に占めるスマートモバイルデバイスの比率は更にアップしていくことになるでしょうね(^^



情報元 => 工信部電信研究院

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。