スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国アプリストア別アプリ登録数報告 AppleのApp Storeが登録数首位に

調査会社の易観国際から2011年12月度の各種アプリマーケット別アプリ登録数レポートが公開されました。

120224App-1

青のグラフは12月の登録数、黄色は11月の登録数、緑は先月比の伸び率を示しています。


トップはAppleのApp Storeで約52万タイトル程のアプリが中国からダウンロード可能になっているようです。

120224App-2
Apple中国のページでも50万を超えるアプリ、と紹介されています。


次はGoogleのAndroid Marketで約27万タイトルのアプリが中国からもダウンロード可能になっているようです。

その後はグッと下がるのですが91手机助手が10万強で続きますが、2桁はここまででその後は数万タイトルという形です。



続いては各アプリストアの中での有償アプリと無償アプリの登録数比率を示したグラフです。

120224App-3

AppleのApp Storeなどは有償アプリと無償アプリがちょうど半分ずつとバランスが取れていますが、GoogleのAndroid Marketは中国大陸が正式提供サポート対象国ではないため、有償アプリの比率は0ですが、無償アプリに関しても中国向けに配信されている、というよりはアプリ登録時に中国を配信除外国に指定しなかった、といったところでしょうか。


その他目立つところでは、中国移動のMobile Marketと中国聯通のWo Storeの有償アプリ登録率が高いという点です。

安智市場AppChina应用汇などサードパーティ製のアプリストアが有償アプリを扱っていないということと、コピー防止などの目的で信頼ができそうなキャリア系に有償アプリは登録している、といったところなのでしょうか。


実際のダウンロード数などを見るとまた違った傾向が見えてくるのかもしれませんが、Androidアプリの場合は無料アプリならほぼ制限なしに様々なアプリマーケットに登録をし、有償アプリであればキャリア系に登録、というのが現時点の良策なのかもしれませんね(^^




情報元 => 易観国際

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。