スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年第3四半期中国電子ブック端末市場レポート

易观国际が提供するEnfodeskから"2011年第3四半期中国電子ブック端末市場レポート"が発表されました。



まずは電子ブック端末のシェアデータです。

1118enfodesk-1

以前紹介した2010年末時点のシェアと比較すると、漢王科技が依然としてトップを維持していますが、シェアが67.7%から59.6%まで落ち込んでいます。


そして2010年末時点時点では3.4%のシェアで3位だった盛大Bambookが19.6%までシェアを伸ばして2位につけています。






次は2010年第1四半期からの端末販売台数の推移です。

1119enfodesk-2

2011年第3四半期の販売数は前期比5.1%減の29.52万台と30万台を割り込む数値で、IDCの調査によると中国のタブレットPC販売数は第2四半期時点で139万台とのことでしたので、約5分の1の市場規模ということになります。


第4四半期は同データの前年実績を見ても、また他の製品などを見ても国慶節や年末商戦などがあり販売台数が延びる傾向にありますが、ここで第3四半期と比較し微増もしくは減少などといった結果になるようであれば、今後の電子ブック市場に黄色信号が灯る気がします。



海外ではAmazonが提供するKindle Fireが発売され、注目を集めていますが、Kindle Fireの中国展開を含め第4四半期には要注目ですね(^^












情報元 => 易观数据1易观数据2搜狐网

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。