スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年5月 中国タブレット市場分析レポート

2011年2月度分の市場分析レポートは以前お届けしましたが、ZDC社から最新のレポートが発表されましたのでご紹介します。






まずはメーカー別の"人気度調査"です。

0610zdc-1

2月度と比較してトップの苹果(Apple)が49.2%から53.7%と人気指数が上昇しています。


その後は三星(サムスン)摩托罗拉(モトローラ)の人気が上がっているのと、2月度はランク外だった宏碁(Acer)がランクインを果たし5位につけています。











続いては機種別の人気度調査です。

0610zdc-2

2月度の調査でも前評判が高かったiPad 2が断トツトップの16G/WIFI版を筆頭に上位をほぼ独占していますが、レノボの乐Pad2月度と同様に3位にランクインしています。


その他はAndroidタブレットで占められていますが、宏碁(Acer)のICONIA TAB A500や华硕(ASUS)のEee Pad Transformer TF101などもランクインしています。










次は搭載OS別の人気度調査です。

0610zdc-3


2月度と比較して49.8%から53.8%とiOSが若干人気をあげていますが、Androidと人気を二分している状況に大きな変化は見られません。









次は価格帯別の人気調査です。

0610zdc-4

2,000~3,999元(≒25,000~49,500円)の価格帯が65.6%と圧倒的な支持を集めています。


一方で4,000元以上という価格帯も合算すると23.3%となり、およそ4人に1人はハイエンドな製品を支持しているということが結果として出ています。








2月度と比較してiOSとAndroidが市場を二分する形に変わりはありませんが、今後魅力的な製品が出てくることによってランキングに大きな変動をもたらす可能性は十二分にありそうです。


今後の動きが楽しみですね(^^



















情報元 => ZDC调研中心

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。