fc2ブログ

中国電信 × サムスンAndroid端末    『SCH-i899』製品レポート

以前も紹介したサムスンAndroid端末の『SCH-i899』。

0114i899-1



まず、主な製品スペックは以下のとおりです。

CPU : Qualcomm 800MHz
通信 : 3G CDMA2000 1X EVDO; 2G CDMA 1X
画面 : 3.2インチ HVGA(320×480) AMOLED
カメラ : 320万画素
ディスク : 512MB(SDカードで最大32GBまで拡張可能)
その他 : WiFi,USB 2.0,Bluetooth 2.0対応など

Androidはバージョンが書いてないのですが、1.5か1.6と推測しています。






次は実際の画面イメージです。

0114i899-2 0114i899-3

トップ画面には各種中国電信のサービスが配置されています。



0114i899-4 0114i899-5

メインメニューです。

Android Market接続プログラムやGmailは入ってないようですが、代わりに”Moxier社”のメールやカレンダーのアプリケーションが同梱されています。




0114i899-6 0114i899-7


もちろん中国語入力に対応しているんですが、面白いのは”顔文字の充実”と”手書き入力”。

幅広い層をターゲットにしているのでしょうね(^^;






面白い内臓アプリも2種紹介されてました。

0114i899-8 0114i899-9

RunStarと言うアプリなんですが、1ヶ月にどれどけ走るかの目標を決め、それが達成できたか否かを計測できるツールです。



0114i899-10 0114i899-11

来电我闪闪(FakeCallMe)と言うソフトなんですが、その名のとおり時間指定をして、自分に本当に電話がかかってきたかのように設定できるソフトです。

ダラダラした会議、間延びした商談などなど色々なところで使えそうですね(笑




現在、サムスンのホームページにも製品情報がアップされ、後は発売を待つだけになりました。



ただ、価格はサムスンのページにも、中国電信のページにもまだ出ていません。

通販サイトを見ても価格の幅がありすぎて、どれが本当の価格かはわかりませんが、3,000元(≒4万円)前後の販売価格になるのでは?と感じています。




本拠地では非常に期待の高いサムスン社(関連リンク)。


中国のAndroid市場での展開も非常に楽しみです(^^;






















情報元 => 太平洋电脑网サムスン中国製品ページ

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック