スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPhone 1.5の8大特性

現在、OPhone SDNでもベータ版ながらSDKの提供が開始されている、OPhone 1.5の8大特性が掲載されていたので簡単にご紹介を(^^;




1. 文字入力の改善

1210OPhone-1


1.0の文字入力をベースに全面的な改善を行ったのと、サードパーティ製の文字入力との互換性を高めたそうです。





2. Widget対応の強化

1210OPhone-2


1.0の時にもWidget対応していたのですが、そこを強化しWidgetのフルスクリーン表示などもサポートしたとのこと。

このWidgetのフルスクリーン表示、何か面白いことができそうな予感が...(^^;





3. ワンタッチでのシステムアップグレード

1210OPhone-3

システムのアップグレードやバックアップがワンタッチで簡単にできるようになったとのこと。

OPhone 2.0のリリースが2月とも3月とも言われている中、これはありがたい機能ですね(^^;





4. サードパーティアプリケーション連携強化

ここは非常に重要な点ですが、Android 1.5対応のアプリケーションとの互換性もきちんと維持されているようです。

ここは実機を手に入れしだい1つずつ検証し、レポートしていこうと思ってます(^^;





5. 2G/3Gのシームレスな切替

OPhoneは中国移動の3G規格であるTD-SCDMAの他、TD-HSDPA及びGSMをサポートしており、2G/3Gの自動切換などにも対応しているとのこと。





6. 高品質なビデオ通話のサポート

1210OPhone-4

リアルタイムなビデオ通話ができるとのこと。

私自身はあまりビデオ通話は使いませんが、離れて暮らす両親などとの通話などには重宝されるかもですね(^^;





7. Mobile Marketとのスムースな連携

1210OPhone-5

中国移動が用意しているアプリケーションストアのMobile Marketとの連携をよりスムースなものにしたとのこと。

せっかくアプリが豊富に用意されても、その連携がお粗末だと利用が進みませんもんね(^^;





8. 株式、証券、資産管理を簡単に

1210OPhone-6

中国の方の株好きは有名ですが(^^;)、その運用指南ソフトが入っているそうです。







おっ!と言うほどの目を引く機能は特になかったですが、Android 1.5などとの互換性が維持されていて、且つ意識されているのは一安心ですね(^^;


相互互換があったほうが、ユーザー側も様々なアプリを享受できますし、開発側もモチベーションが違いますよね(^^;





今のところOPhone 1.5を搭載しているのはLG GW880と12月末に発売が予定されているモトローラMT710ですが、早めに入手して利用レポートをお届けしますね(^^;















情報元 => 山寨機

テーマ : Ophone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。