スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国三大モバイルキャリア最新ユーザー数レポート(2015年4月末時点)

中国移動(チャイナ・モバイル)、中国聯通(チャイナ・ユニコム)、中国電信(チャイナ・テレコム)がそろって2015年4月度時点の登録ユーザー数などの情報を公開したので、まとめてみたいと思います。

4月度のユーザー純増(純減)数は以下のとおりになっています。

中国移動  57.8万人増
中国聯通  253.2万人減
中国電信   95万人増

中国聯通だけがユーザー数を減らしていますが、これは3G/4Gユーザーは69.1万人増えているのですが、GSM(2G)ユーザーを322.3万人減らしてしまっていることに起因しています。中国聯通は3月度も160.9万人ユーザーを減らしており、3ヶ月連続で純減となっているようです。

4月度の増減を適用した3社それぞれの携帯電話総ユーザー数は以下のとおりになります。

中国移動  8.159億人
中国聯通   2.92億人
中国電信   1.89億人

上記を円グラフにすると以下のようになります。
20150527China-career

中国移動が中国携帯電話ユーザーの3分の2に迫る62.91%のシェアをなお持っています。

こちらを3Gおよび4Gユーザーのみのシェアに絞ってみると以下のとおりになります。
20150527China-career2
3G/4Gユーザーに絞ると中国移動が3.82億人、中国聯通が1.52億人、中国電信が1.27億人で、中国移動のシェアもなお圧倒的とはいえ、6割を切って57.79%になります。

これをみると3G/4Gに限ると中国聯通と中国電信、とくに中国電信が奮闘しているようにも見えますが、2013年1月時点の3Gのみに絞ったシェア状況をみると、違った見方も出てきます。
20150527China-career3

2013年1月時点では3社拮抗とまではいかないですが、もう少し中国聯通、中国電信ともに奮闘していたが、また中国移動が3G/4Gでも巻き返してきている、という見方もできます。

これは主に4Gユーザー数の方に原因があるのではないか、と個人的には考えています。

というのも、中国の4Gはユーザー数が1.6億人に達するなど一定のユーザー数規模になっていますが、中国移動がメインで提供しているTD-LTEがまず開始され今なお主力で、中国聯通や中国電信が主力にしていくべきFDD-LTEの方はサービスの開始認可が遅れ、2月末から提供されましたが、まだまだデバイスやサービス提供環境、4Gサービスとしての認知度といった点では後れを取っている感もあるので、今後どのように変化していくのかも注視していく必要がありそうです。


情報元 => TechWeb-1TechWeb-2
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

在中国日系企業の強い味方“CFB”!
社内SNS
中国Androidアプリマーケット
登録代行サービス
中国

急増する中国Androidユーザー向けにあなたのアプリを配信!
Twitter
プロフィール

Anhui OSS

Author:Anhui OSS


安徽開源軟件有限公司


中国のモバイル業界動向や新製品、サービス、お役立ちアプリなどを紹介。

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。
新興国の「今」をお伝えするニュースサイト"
Translate these articles.
リンク
最新記事
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。